研究会の目的

子どもの日本語教育研究会は、多様な言語文化背景をもつ子どもたちを対象とする日本語教育・学校教育・地域支援の実践と研究の相互交流を図り、その現場の成長と関連領域の研究の発展を促進することを目指します。具体的には、次の4つを目的とします。

(1)日本語教育の実践の集積

(2)子どもの日本語教育の内容・方法の研究

(3)日本語教育実践のためのリソースの開発

(4)上記の成果の公開・発信

活動

上記の目的を達成するために、次の活動をめざします。

(1)年3回の研究会の開催

(2)情報発信のためのHPの開設・運営

(3)Webジャーナルの発行(予定)

(4)リソースの開発(予定)

(5)その他,社会的教育的ニーズに応じた事業

研究会への参加

会員制はとりません。

トランスナショナルな移動(主に海外から日本への移動)によって言語の獲得・学習に課題がある子どもたちに対する日本語教育・支援に関わっている教師・支援者、また、その保護者やコミュニティ成員、行政関係者、そして研究者の参加を期待しています。

研究会の組織

次の委員会等を組織して、研究会を運営します。

代表、副代表:研究会の代表として対外的な対応を行い、事務を処理する

事務局:研究会の事務的な処理を行う

運営委員会:研究会の主な事項を決めて執行する

大会委員会:研究会の企画と運営を行う

      

 各大会・研究会は、大会委員の他に協力者を置き実施・運営する

広報委員会:HPの開設・運営及び掲載内容を管理する

 HPのコンテンツの構成に関しては、運営委員会にて決定

編集委員会:webジャーナルの発行(~2017年準備、2018年度より刊行)

研究会の実践・研究のテーマと対象―他領域との関わり

本研究会は、その実践・研究活動の範囲を以下のように設定する(社会的情勢や教育に関わる状況の変動に応じて更新していく)。これらの領域の研究者と実践者がコミュニティを形成し、越境性と統合性をもって現場の教育・支援活動の課題を捉え、その解決に当たることを目指す。


教育の対象:トランスナショナルな移動に伴い言語の獲得・学習に課題をもち、日本語を学ぶ子どもたち(幼児から高校生年齢まで)

教育の場:学校教育(幼保も含む)、家庭・コミュニティの教育

教育の領域:言語教育、多文化教育、市民性教育、国際理解教育

教育内容:言語(母語・日本語・外国語としての日本語)、教科教育(各教科)

背景となる研究理論:教育実践論、言語教育方法論、第一言語・第二言語習得論、発達心理学、認知心理学、学習科学(「学び」の科学)

教育者・支援者の成長:資質・能力、教師(教員)

支援者養成/研修・教育コミュニティ:日本語教育・支援に関わる人々のネットワーク、協働実践の進め方・アドボカシーの可能性

社会情勢や教育に関する状況の動向に応じて課題を具体化し、大会や研究会等の活動やジャーナルにおけるテーマとして設定し、課題の探究・解決に取り組む。


 

研究会として取り組みたいと考えている課題(一部)

1)日本語の発達と特別支援教育の必要性に関する経験と研究の蓄積

2)地域/家庭/取り出し指導と在籍学級の教育・支援のアーティキュレーション

・・・1)2)の課題解決にユニバーサルデザイン、インクルーシブ教育の概念・方法論の応用を検討

3)キャリア(進路・進学を含む)形成とライフコースを視野に入れた支援

4)支援者・教員の養成/研修と力量形成(初任者からベテランまで)

5)子どもの日本語教育に関する制度についての情報把握・提供

6)実践と研究の相互作用を促す場の提供と仕組み造り

発起人・2016~2017年の組織

発起人

池上摩希子(早稲田大学)・石井恵理子(東京女子大学)・伊東祐郎(東京外国語大学)・今澤悌(甲府市立新田小学校)・大蔵守久(波多野ファミリースクール)・大菅佐妃子(京都市教育委員会)・菊池聡(横浜市立飯田北小学校)・齋藤ひろみ(東京学芸大学)・菅原雅枝(東京学芸大学)・築樋博子(豊橋市教育委員会)・中川祐治(福島大学)・西原鈴子(国際交流基金)・浜田麻里(京都教育大学)・花島健司(江戸川区立一之江小学校)・南浦涼介(東京学芸大学)・村松好子(文部科学省)・松本一子(愛知淑徳大学)

2016-2017年度組織

代表:石井恵理子

副代表:松本一子・池上摩希子

事務局長:齋藤ひろみ  事務局員:菅原雅枝・南浦涼介

運営委員会:会長・副会長・事務局・各委員会委員長より組織

大会委員会:菊池聡・菅原雅枝・花島健司・築樋博子・〇中川佑治・浜田麻里

広報委員会:今澤悌・大菅佐妃子・菊池聡・〇南浦涼介・事務局

編集委員会:〇池上摩希子・石井恵理子・花島健司・村松好子・松本一子・事務局

〇:委員長

inserted by FC2 system